体脂肪を落とすサプリとは?!

コーヒークロロゲン酸は対脂肪を燃焼しやすくしてくれる?

 

人間の細胞内にはミトコンドリアが存在しているのですが、このミトコンドリアに対して働きかける成分として、コーヒークロロゲン酸といわれる成分があります。食べ物の中に存在している脂肪というのは、消化された後、体の中に吸収されることになります。

 

吸収される際に血液と一緒に流れるように分解され、筋肉や臓器に運ばれていくのです。この脂質の燃焼と密接な関係を持っているのが、細胞の中に存在しているミトコンドリアなのです。ミトコンドリアに存在している酵素によって、運ばれてきた脂肪を燃焼して筋肉などを動かすためのエネルギーを作り出しているのです。

 

ここで紹介をするコーヒークロロゲン酸というのは、ミトコンドリアの働きのサポートをして、脂肪が取り込まれやすくなります。そして、その取り込んだ脂肪を燃焼しやすくすることが出来るため、エネルギーを作り出しやすくすることが出来るようになるのです。そのため、脂肪が体脂肪として蓄えられにくくなるだけではなく、脂肪を燃焼しやすくすることが出来るというわけです。

 

特に、濃度が濃いコーヒークロロゲン酸であれば、食事と一緒に取り込んだ脂肪だけではなく、既に体の中に溜まっている体脂肪に対しても働きをもたらしてくれるため、体脂肪が多くなってしまっていて気になっているという人にオススメなのです。ですので、普段から脂肪を燃焼しやすくするためにコーヒークロロゲン酸を摂取するようにしたほうが良いのです。

 

 

脂肪についての知識

 

脂肪というのは、人間の体の中に少なからず存在しているわけですが、この志望というのはどのようなものなのかについてお話をしていきたいと思います。おなかを指で引っ張って摘むことが出来るのが脂肪だというのは皆さんもご存知だと思いますが、脂肪というのはいくつかの種類があるのです。

 

人間の中に存在している脂肪としてリン脂質やコレステロール、脂肪酸、中性脂肪の4つの種類が存在しています。この脂肪の中で一番耳にしたことがあるのは中性脂肪ではないでしょうか?皮膚の下に蓄えられたり、内臓の周囲に蓄えられる中性脂肪のことを皮下脂肪だったり、内臓脂肪といいます。人間の体の中に存在している脂肪の90%前後は、中性脂肪に分類されているのです。

 

つまりダイエットをして脂肪を減らしたいのであれば、いかにこの中性脂肪を減らすのかを考えるようにしなくてはなりません。中性脂肪をさらに細かく見てみるとグリセリンという物質と脂肪酸が結びついているものになっており、エネルギーを作り出すために体の中に蓄えられます。

 

ですので、スポーツなどをして多くのエネルギーを消費すると、この蓄えられている中性脂肪を分解してエネルギーを作り出すことになるのです。この他にも、リン脂質やコレステロールも脂肪の一種として分類されているのですが、このコレステロールという名前も聞いたことがある人がほとんどなのではないかと思います。

 

コレステロールが溜まってしまうと、健康を害するということで、コレステロール自体が有害だと思ってしまっている人も多いのですが、コレステロールやリン脂質というのは、ある程度なくては性ホルモンや細胞膜を作り出すことが出来なくなってしまいます。このことから、適度にコレステロールなどが必要であることがわかるかと思います。

 

ただし、コレステロールが増えすぎてしまうと、動脈硬化や高血圧などの原因になりますので、コレステロールが多くなり過ぎないようにしていかなくてはなりません。そして、体の中に存在している脂肪全てのことを体脂肪といいます。

 

最近は家で体脂肪率を測定することが出来る体脂肪計もありますが、この体脂肪計は全身の中のどの部位に特に脂肪が付いてしまっているのかまでは分かりません。また、体脂肪でも皮下脂肪と内臓脂肪があるのですが、体脂肪計はどちらの脂肪も含めて体脂肪率を算出しているため、どちらの脂肪を燃焼させるようにすればいいのかまでは分からないのです。

 

脂肪細胞の中に、中性脂肪が蓄積されており、必要に応じて蓄えられた中性脂肪を燃焼してエネルギーを作り出します。中性脂肪という名前から分かるとおり、酸性でもアルカリ性でもなく、中性になっているため、中性脂肪という名称で呼ばれています。

 

血液検査をすることによって、血中の中性脂肪値を測定することが出来るのですが、血液検査で中性脂肪が多いといわれてしまったのであれば、血液中を流れている中性脂肪が基準よりも多くなってしまっているということになります。ですので、中性脂肪値が基準値を超えないようにしていかなくてはなりません。

 

有酸素運動で内臓脂肪を燃焼しよう

 

運動量が少なくなってしまっていることが原因で、内臓脂肪がたまってしまっているという人は少なくありません。若い頃は体を動かすことが多くても、年齢を重ねていくと、だんだんあまり運動をしたりすることもなくなってきます。これによって、カロリーもあまり消費されんかうなってしまい、若い頃は痩せていたのに、年をとってから太ってしまったという人も少なくありません。

 

エネルギーとして使われることによって、脂肪は燃焼されるものです。ですので、体を動かしていると自然と脂肪は燃焼されるのですから、内臓脂肪などとして蓄えられにくくなっているのです。それに、元々内臓脂肪というのは、皮下脂肪よりも燃焼されやすいですから、減らしやすくなっているのです。効率よく運動で内臓脂肪を減らしたいのであれば、有酸素運動を普段から行うようにするといいでしょう。

 

この有酸素運動というのは、どんな運動のことを指しているのでしょうか?年を取ってくると、あまり激しく体を動かす運動はしたくないでしょうし、体力的に不安を感じると思います。このような激しく体を動かす運動は、無酸素運動と呼ばれています。短時間で筋肉などに負荷をかけて筋肉量を増やしたり鍛えたりすることを目的にした運動です。

 

ですので、若い頃であればまだしも、30代以降は体力的に続けることは難しいと感じる人も多いです。この無酸素運動とは反対に、じっくり体を動かしていくのが有酸素運動になっています。ですので、そこまで体力を使うこともありませんし、続けやすいというメリットもあります。

 

有酸素運動というのは、無酸素運動とは違って、運動しているときにしっかり体の中に酸素を取り込みます。そして、この酸素を使って、糖質や内臓脂肪などを燃焼してエネルギーを使っているのです。ただし、有酸素運動をするのであれば、30分は体を動かすようにしなくてはならないといわれているのですが、実際のところは違っています。

 

実際は、体を動かした時点でエネルギーは消費され、エネルギーを作り出すために脂肪が燃焼されているのです。もちろん、長く有酸素運動をしたほうがそれだけ脂肪は燃焼されやすくなります。が、内臓脂肪を減らすサプリを持ちいつつ、最初から何十分も有酸素運動をするのは難しいという人もいるでしょう。

 

ですから、最初は1日10分からでもいいですので、少しずつ体を慣れさせるようにしましょう。有酸素運動として、ウォーキングやエアロビクス、ヨガ、水泳、サイクリング、エクササイズなどがあります。外で運動をしたくないのであれば、ヨガやスクワット、ストレッチ、エアロバイクなどといった自宅でも実践可能になっている有酸素運動を実践するといいでしょう。

 

更新履歴